日焼け止めの正しい塗り方とは

日焼け止めを正しく塗ろう

この時期、海に行くってサーフィンを楽しんでぇおる人を大勢みかけまんねんやな。今日はそないなサーファーの皆はんの日焼け止め対策につおってご紹介おったしまんねん。

 

サーファーの方々にめっちゃやはり日焼け止め対策はめっちゃ重要や。いっちゃんやねんは紫外線にお肌をさらさあらへんちゅうこっちゃやけど、そら不可能やんな。ほんで登場すんねんが日焼け止め化粧品や。せやけど、効果的な使用方法をご存じあらへん方が数ようけいてはるのが現実ねんうや。効果的な日焼け止めの使用方法ってはどねんうなもんやさかいしょうか。ポイントは4つあるんや。

 

1.日焼け止めのフェイススティックを塗るちうわけや。
鼻の頭、目ぇの下、ほーべたやらなんやらのTゾーンに白くラインが残るくらおったっぷり塗るんや。

 

2.日焼け止めクリームを適量塗るちうわけや。
「適量」ってはどのくらいのこってをゆうさかいしょうか。一般的に日焼け止めに表示されとるSPFやPAの効果は1平方センチメートルやたり2ミリグラムずつ塗った場合のこってをええまんねん。実際塗ってみるってむっちゃ白くなってしまいますわ。白くなるのを避けるために、日焼け止めクリームを薄く延ばしてなおすって、当然ながら日焼け止め効果は軽減してしまいますわ。なんでも白くなるのが嫌な方は、日焼け止めを頻繁に塗りなおすこってが必要や。

 

3.塗り忘れに用心やる。
首筋や耳たぶ、腕の内ねきやらなんやら、見えへん部分は特に塗り忘れるこってが多いや。気づおったらそこだけぇ日焼けしてた、なんてならへんやうに鏡やらなんやらを使ったり、どなたはんかに塗ってもろたりして塗り忘れを防ぎまひょ。

 

4.90分ごってに塗るちうわけや。
日焼け止めは汗をかおったり海水につかったりしとるうちに落ちてしまいますわ。顔をこすってしまっても当然落ちまんねん。海やビーチに1時間以上おるやったら、塗りなおすこってでぇ、日焼け止めの効果を持続でぇき、日焼けしにくくなんねん。

 

ベルファムジャポンの日焼け止め

一年中降り注いでぇおる紫外線。特に夏は気になる方が多いさかいは。そないな紫外線よってにお肌を守るけど欠かせへんアイテムが日焼け止めやんな。今日は数やる日焼け止め商品の中よってに、口コミでぇ人気のベルファムジャポンの商品をご紹介おったしまんねん。

 

ベルファムジャパンの「ノン・ブロンザーエクストラ」はお肌にやさしいノンケミカルな日焼け止めや。お肌の負担ってなる紫外線吸収剤を使っていまへん。ノンケミカルな紫外線錯乱剤を使用してんねん。紫外線吸収剤は紫外線を一旦吸収して、化学的に熱エネルギーに変えて放出すんねんに対し、紫外線錯乱剤はお肌の表面でぇ紫外線を跳な返しまんねん。ゆえに低刺激でぇお肌にやさしいのや。紫外線錯乱剤は白浮きしやすいデメリットがあるんやが、ノン・ブロンザーエクストラは紫外線錯乱剤をナノ化しており、白浮きしにくい日焼け止めってなっていますわ。天然のシルクパウダーも配合されており、紫外線錯乱剤ってってもに紫外線よってにお肌を守るんや。

 

その上、ももん葉エキスやびわの葉エキスやらなんやら、植もんエキスがたっぷり配合されており、うるおぅのやる健康なお肌へって導おってくれまんねん。日焼け止めってしてだけぇでぇなく、日々のお肌のケアも一緒にでぇきちゃいますわ。スッって伸びて使いやすく、化粧下地ってしてもお使ええただけぇまんねん。SPF30、PA++でぇ、日常の紫外線をカットしまんねん。汗や水にも強いさかい、夏にもおすすめの日焼け止めや。日焼け止め選びに迷っとる方、ベルファムジャパンの「ノン・ブロンザーエクストラ」をぜひいっぺんお試しほしいんやけど。