ファンデーションで日焼け止め

日焼け止めとファンデーションの関係

夏になるって欠かせへんアイテムのひってつが日焼け止めやんな。日焼け止め化粧品はお肌の老化防止のためには必須のアイテムやけど、いっぺんにお肌への負担もかかってしまいますわ。日焼け止めを使うんはでぇきるだけぇ必要最小限に抑えたほうが、いつませやけど若々しいお肌を保てるでっしゃろ。

 

1日のうち日に当たるのが合計20分程度の場合は、日焼け止めを使わんと、パウダーファンデーションを使うだけぇでぇ充分紫外線よってにお肌を守ってくれまんねん。なんでも気になる場合は、でこちんやほーべた骨やらなんやら、日焼けにやるしみやしわが出来やすい部分に日焼け止めを塗り、後はパウダーファンデーションを重なて塗ってみてほしいんやけど。パウダーファンデーションは紫外線を反射すんねんでぇ、日焼け止めだけぇを使った場合やりも、やり協力に紫外線よってにお肌を守ってくれまんねんや。

 

ほな、1日にせんど外に出る場合は、SPF20、PA++程度の日焼け止めを朝の日課ってして使ってみてはいかがでっしゃろ。SPF50やらなんやらの強力な日焼け止めもきょうびようけ出回っておるけどダンさん、強力な分、お肌への負担も大きくなってしまいますわ。日常的な生活をしとるだけぇやってSPF20くらいでぇ充分でっしゃろ。顔の中せやけどほーべた骨のでかっ部分やでこちんはいっちゃんしみがでぇきやすいさかい、そないいった部分には2度、3度って重な塗りをやるってやいでっしゃろ。同じ日焼け止めせやけど厚塗りすればそれだけぇ効果は高くなり、お肌への負担も少なくなんねん。

 

ほな、日焼け止めでぇはおまへんが、日焼けの原因ってなる紫外線を防止してくれるアロマケアってしてツバキオイルがあるんや。晩の入浴後にツバキオイルでぇ顔や首、腕やらなんやらの日焼けしたくあらへん部分をトリートメントしまんねん。オイルが浸透して、紫外線よってにお肌を守ってくれまんねん。もちろん外出時には日焼け止めを塗るのもお忘れなく。

 

手作り日焼け止め

夏の紫外線対策の必須アイテム、日焼け止め。実は手ぇ作りでぇきるのをご存知やったか?今日は日焼け止めクリームの作り方をご紹介おったしまんねん。
べたつきが少なく、酸化安定性がでかっオリーぶさいくクワランでぇ作った手ぇ作り日焼け止めクリームや。

 

材料は以下のっておりや。

 

A:オリーぶさいくクワラン・・・小さじ2
  ミクロ粒子ニ酸化チタン・・・小さじ2
   植もん性乳化ワックス・・・小さじ1
B: 精製水・・・大さじ2
   アラントイン・・・小さじ2分の1
C: ハーブエクストラクト(保存料)・・・小さじ8分の1強

 

作り方は以下のっておりや。
1.AってBの材料を別々の耐熱容器に入れて湯せんにかけまんねん。
2.Aが温まってきよったら、よう混ぜて、植もん性乳化ワックスをよう溶かしまんねん。ミクロ粒子ニ酸化チタンは完全には混ざりまへんがいけるや。
3.Bを軽くかき混ぜまんねん。アラントインも完全には溶けまへん。
4.Bが60度よってに70度くらいに温まったら、AってBを湯せんよってにおろしまんねん。
  BをAに加えてようかき混ぜまんねん。
5.泡やて器やちゃークリーマーやらなんやらでぇ、クリーム状になるまでぇじっくり混ぜまんねん。
6.クリーム状になってんらCを加えて、もういっぺんようかき混ぜまんねん。お好みでぇ精油3?4滴を加えてもいいで。
7.温かくてやわらかいうちに保存容器に移しておくなはれ。出来上がりは50mlくらいになりまんがな。

 

意外ってへーこいてプーよにでぇきまんねんや。手ぇ作りでぇお肌への負担もすくないや。大体SPF20?25くらいの効果が期待でぇきまんねん。冷蔵庫でぇ半年間ほど保存でぇきるさかい、ひって夏乗り切るには充分でんがな。