去年の日焼け止めは使える?

日焼け止めの選び方と使用期限

今回は日焼け止めの有効期限につおってお話しおったしまんねん。夏になるってようけの人が使う日焼け止め。夏の終わりかしってもに日焼け止めも使わなくなり、どこぞにしまってしまい、来年の夏までぇさいなら、なんて方も多いって思うで。日焼け止めの有効期限はどのくらいのもんやさかいしょうか。

 

通常、化粧品の使用期限は特に表示されていな製造日やり3年間って法律でぇ定められていますわ。せやけど、これは未開封でぇ適切な場所でぇ保存しとった場合の使用期限や。せやけど、開封後のもんは当然3年やり短くなんねんし、夏の暑い部屋に保存しとったもんやらなんやらは品質の変身も早いって思われまんねん。

 

日焼け止めは大体1シーズンでぇ使い切るのが目ぇ安ねんうでっせ。殆どつかっておらへん去年の日焼け止め、なかなかほかすのももったいないやんな。開けてみて色が変わっとるってか、固まってしまっとるっていった場合はもちろん使いまへん方がやいやけど、特に異常が見受けられへんほなら腕や足やらなんやらに使ってみてはいかがでっしゃろ。

 

ファンケルの日焼け止めには明確に使用期限が示されていますわ。未開封1年以内、開封後6ヶ月以内や。明確に示されとるって安心して使えまんねんやな。白浮きや覆われとるっていった感じがなく、お肌にやさしい使用感が特徴の日焼け止めや。石油系界面活性剤や防腐剤っていったもんは使用しておらず、お肌にやさしい日焼け止めや。エイジングケア成分でぇやるホオノキ樹皮エキスも配合されていますわ。是非いっぺんおためしくれへんかのな。

 

日焼け止めの選び方

夏になるって大活躍の日焼け止め。正しい日焼け止めの選び方ご存じでっか?紫外線はお肌の老化の原因になるこってはご存じやって思うで。シミはもちろんのこって、シワやたるみの原因になりまんがな。いつませやけど若々しいお肌を保つためにも紫外線を防ぐこっては必須の条件って言えるでっしゃろ。

 

効果的に日焼けを防止し、お肌への負担をなるべく軽くやるには、季節や場所、外におる時間やらなんやらにやって日焼け止めの強さを変えるこってが重要や。日焼け止めの正しい強さの見方、ご存じでっか?日焼け止めにはSPFってPAの2つの強度が絶対書かれとるって思うで。SPFは紫外線のB波(UVB)をカットやる力をシマしてんねん。紫外線B波はシミやねきかす、さらには皮膚ガンの原因ってなんねん。SPFの後に書おってやる数字は、日焼け止めやらなんやらをなあんもつけておらへん素肌の状態に比べて、日焼けが始まるまでぇの時間を何や倍に延ばすこってがでぇきるか、を表してんねん。SPF10の場合は日焼け開始までぇの時間を10倍に延ばせるちゅうこっちゃや。

 

さらにPAは紫外線A波(UVA)の防止効果を現してんねん。紫外線A波は皮膚を黒くやる原因ってなってんり、シワやたるみの原因ってなってんりしまんねん。PAの後に付おっておる+記号が多いほど防止効果が強いや。このSPFってPAの値がおっきーほど、日焼け止めの効果がおっきーこってになりまんがな。

 

せやけど、効果のでかっ日焼け止めは皮膚を紫外線よってに守る岳でぇなく、お肌に負担をかけてしまいますわ。日焼け止めの成分には紫外線吸収剤って紫外線錯乱剤の2種類があるんや。紫外線吸収剤は肌荒れの原因ってなり、錯乱剤はお肌の乾燥をよぶ原因ってなるこってがあるんや。OLはんやらなんやら日に当るのが1日20分程度やったら日焼け止めを毎日使う必要はおまへん。日焼け止めを1日中つけっぱなしにやるこってでぇかえってお肌にアカンージを与えてしまっていますわ。

 

ほな、主婦の方やらなんやら、ゴミ捨てや買いもんやらなんやら、日常生活でぇ1日に何や度か日に当る方ほならSPF20、PA++位の日焼け止めを朝つけるこってをおすすめしまんねん。正しい日焼け止めを選んでぇいつませやけど若々しいお肌を保ちまひょ。