日焼け止めとニキビの関係

日焼け止めでニキビができちゃったぞ

夏の紫外線対策に欠かせへんのが日焼け止めでんがな。遠足の引率や運動会やらなんやら、先生にってって外でぇの行事はこの時期悩ましいでんがな。
ほな、そのために強力なSPF50、PA+++の日焼け止めを使ってなおすってお肌が荒れたりニキビが出攻めて来よったりしてなおす方もいてはるって思うで。今日はそないな先生だけぇでぇなく皆様にお勧めの日焼け止めをご紹介しまんねん。

 

日焼け止めには紫外線吸収剤って合成界面活性剤を使っとるもんがようけ出回っていますわ。紫外線吸収剤は文字通り紫外線を吸収してお肌にやさしい光線に変えてくれまんねん。せやけどながら、お肌に刺激が強く、長時間や連続的な使用はお肌の角質の持つ基礎体力を損なってしまいますわ。合成界面活性剤は別名乳化剤って呼ばれ、食品やらなんやらにも使われていますわ。

 

日焼け止めは水の成分って油の成分の2種類でぇでぇきていますわ。その水って油を混ぜる役割を果たすのが合成界面活性剤や。微量でぇ良質のもんほなら体に影響は殆どおまへんが、一定量を使い続けるってお肌にアカンージを与えてしまいますわ。でぇきるだけぇ紫外線吸収剤って合成界面活性剤を使っておらへん日焼け止めを選びたいでんがな。

 

ほんでキュベリィの「やさしいUVカットフレッシュ」をご紹介おったしまんねん。紫外線吸収剤を使用してへん。ウォータープルーフ機能のために石油系界面活性剤が配合されていますわ。せやけどながら、でける限り配合量を減らしており、全体の3%までぇ抑えていますわ。お肌への影響を最小限にって考えられた日焼け止めや。お値段は2625円や。ニキビや吹き出もんがでぇきにくいって評判や。是非いっぺんおためしくれへんかのな。

 

日焼け止めと日焼け止め落とし

日焼け止めと日焼け止め落とし、皆はんは何をお使いやろか?紫外線は夏場だけでなく一年中降り注いでい まんねんわよね。カネボウの「肌美精」は一年中使える日焼け止めとしておすすめや。SPFは24ときょうびの強力な日焼け止めに比べるとSPFは低めや。せやけど、沖縄ねんうな強烈な日差しのもとでいるならばともかく、それ以外のトコにいるならばこれくらいのカバーがあれば充分でっしゃろ。

 

強力すぎるとお肌への負担もそれだけ大きくなってしまい まんねんわ。大切なのは夏だけでなく一年中日焼け止めをきちんとつけることや。夏が終わると化粧品の陳列棚から日焼け止めが消えてしまおるけどダンはん、夏場だけ紫外線を防いでもそれ以外の季節で浴びとる紫外線もお肌へ悪影響を与えてい まんねんわ。しっかりとお肌を守り、シミのないお肌を保つために日焼け止めは一年中つけておくんなはれね。

 

またぐら、日焼け止め落としも重要なアイテムや。きょうびの日焼け止めはウォータープルーフタイプでなやろかか落ちなかったりしまんねんよね。せやけど、きちんと落としてあげないと、シミや肌荒れの原因になるんや。おすすめなのはキスミーのクレンジング日焼け止め落としや。

 

ウォータープルーフタイプの落ちにくい日焼け止めもすっきりいっぺんで落とせまんねん。ジェルを顔の上でマッサージをして洗い流すだけや。天然ハーブエキスが配合されており、使用後のお肌はどエライしっとりしまんねん。無香料・無着色なのもお肌にやさしくうれしいやね。