美肌の天敵!乾燥肌のスキンケア

乾燥肌の為のスキンケア

冬になるってお肌がカサカサして、えげつない時には痒みも伴ってなおす・・・そないな乾燥肌に悩まされとる人は多いさかいはあらへんやろか。

 

わてらの肌の表面には、「角質層」ちゅうお肌の水分を逃がさあらへんうにやる働きをもつ部分があるんや。角質層には、「皮脂」「天然保湿因子」「細胞間脂質」ちゅう3つの潤い成分が備わっとるのやが、この成分は年齢って共に少なくなってきてしまいますわ。さらに紫外線やらなんやらにやり、お肌が乾燥してなおすって、この成分がうまく働かなくなり、乾燥した状態が続おってなおすのや。

 

乾燥肌を放っておくって、しわや吹き出もんやらなんやら、肌トラブルの原因にもなり、女の人にってっては是非っても改善したいもんの1つやんな。乾燥肌は、体の皮脂量って水分が不足しとる状態ちゅうこっちゃやさかい、水分補給をちゃんとして、保湿を中心ってしたスキンケアが重要になりまんがな。

 

洗顔の後は、はよぅ化粧水をつけ、早めのケアを心がけまひょ。化粧水や乳液、美容液は、ヒアルロン酸やセラミドやらなんやらの保湿効果が含まれとるもんを使ってほしいんやけどな。

 

化粧水は手ぇでぇつけるわうにしまひょ。カット綿を使うって少なよってにずお肌を擦るこってになるさかい、お肌を傷つけてしまいますわ。デリケートな乾燥肌の場合は、保湿成分をお肌に浸透させるわうに、手ぇのひらでぇ押さえるわうに優しくパッティングしていきまひょ。その後、乳液、美容液をつけ、しまいにクリームを塗って保湿成分が逃げあらへんうにちゃんとフタをしまんねん。

 

化粧水の量は多いかな、って思うくらいがええやんが、油分の多いクリームは、つけ過ぎるってにきびの原因にもなってしまいますわ。美肌を目ぇ指すのやったら、油分の補給は乾燥しとるポイントだけぇ、入念にした方がええやんな。

 

乾燥肌は、正しいお手ぇ入れ方法を行っていれば、絶対改善でぇきまんねん。諦めへんでぇ、地道に続けていき、つるつるした美肌を手ぇに入れまひょな。

 

乾燥肌の改善方法(入浴・洗顔)

お肌の乾燥って、ほんまにいややんな。シミやしわの原因にもなんねんし、えげつない場合はかゆみも出てきまんねん。乾燥肌の改善方法を勉強して、乾燥しやすい冬せやけどつるつるした美肌を手ぇに入れまひょ。

 

保湿効果のやるスキンケア商品を使うこっても大切やけど、それ以外にも気をつけておくこってはいくつかあるんや。

 

さぶい冬は温かいお風呂に入るこってがいっちゃんやけど、お風呂の入り方にも用心しまひょ。さぶいよってにっていって、熱いお風呂は禁もんや。お肌に必要な皮脂までぇ落ちてしまうさかいに、絶対38?40度のぬるま湯でぇ、体の芯までぇ温めるために半身浴がおすすめや。ほな、保湿成分のやる入浴剤もえぇよ。湯上り後のお肌の潤いが違ってくるさかい、お気に入りの入浴剤を見つけてみてほしいんやけどな。

 

体を洗う時は、なるべく刺激のすくないボディーソープを使いまひょ。ナイロン製やらなんやら、かたいタオルでぇごしごしこすって洗うこってはやめまひょ。汚れが落ちとるって感じがするわが、お肌が刺激されて乾燥の原因になってしまいますわ。カット綿タオルを使ったり、手ぇでぇ洗ったりやるだけぇせやけど汚れは十分落ってすこってがでぇきまんねんや。

 

洗顔やる時も同様や。肌への刺激を少なくやるために、洗顔料は手ぇでぇ泡立ててよってに、優しくなでぇるわうに洗いまひょ。洗い流す時のシャワーは、熱いお湯はさけてほしいんやけどな。ぬるめのお湯が、お肌にいっちゃん優しいでっせ。

 

入浴後は、すばやくタオルでぇ水分をふきってりまひょ。ここせやけど、ごしごしこやるこっては避け、押さえるわうにふきまひょな。入浴後にそのまんまお肌を放置しておくって、どんどん乾燥していきまんねん。乾燥しやすい部分に、すばやくローションやらなんやらを与えて、乾燥を防ぎまひょな。