美肌にとファンデーション

美肌は女の人の憧れやんな。美肌のためにはスキンケアでぇお肌の健康を保つこっても大切やけど、お化粧の基礎でぇやる、ファンデーションも美肌のポイントってなんねんな。お肌の気になる箇所をファンデーションでぇ上手ぇにカバーすれば、お出かけも楽しくなんねん。上手ぇなファンデーションの方法を知っておきまひょ。

 

まずは、ファンデーション選びがポイントや。

 

ファンデーションは大きく分けるって「リキッドファンデーション」って「パウダリーファンデーション」の2種類あるんや。きょうび人気がやるんはリキッドファンデーションでんがな。液状やさかい量が調整しやすく、なめらかでぇ化粧崩れがしにくい特徴があるんや。パウダリーファンデーションは、つけ心地が軽く、コンパクトに入っとるさかい持ち運びしやすく手ぇ軽に使える、っていった特徴があるんや。

 

一般的に、リキッドタイプは乾燥肌の人に、パウダリータイプは脂性肌の人に向おっておるって言われておるけどダンさん、それほどこやわる必要はあらへんって思うで。おのれの好みでぇ、使いやすいもんを選びまひょ。

 

ファンデーションの色選びもなんぎやんな。首って顔の色に大きな違いが生じあらへんうに、耳の下よってにおとがいにかけてのフェイスラインに伸ばして色を確認してみまひょ。一般に、色白の人はピンク、色黒の人はオークル、中間色の人はナチュラルがええって言われていますわ。やけど、オークルやナチュラルを使っとる人は時間の経過ってってもに皮脂ってファンデーションが混ざり合ってくすんや感じになってきてしまいますわ。お肌があかい方が、達者でぇ若々しい印象を受けまんねんやな。化粧直しにはピンクを使ってみるやらなんやらして1色だけぇにこやわらんやうにしまひょ。

 

シミやねきかすが気になる人は、ちびっと暗めの色を選ぶって目ぇ立ちにくくなんねんや。やけど暗すぎる色も禁もんや。やはり、お肌の色は明るくやるこってが大切やさかい、仕上げには、ピンクやベージュを選んでぇみまひょ。

 

シミはお肌のトラブル

お肌のトラブルには様々なこってがあるんやが、シミに悩まされとる人も多いやんな。ホルモンバランスが崩れてでぇきてなおす場合や、ストレスやらなんやらにやるもん、出産した後やらなんやら、シミがでぇきる原因には色々なこってが考えられまっけど、いっちゃん多い原因は、やはり紫外線にやるもんや。

 

シミはメラニン色素にやってでぇきてなおすのやが、もってもってメラニン色素は、紫外線よってにわてらの体を守るために働おっておるもんや。紫外線が皮膚にやたるって、メラニン合成酵素が活発化して、煙幕をはるわうにメラニン色素が放出されて光を遮ろうってしまんねん。それが黒ずみってなり、シミってなって残ってなおすのや。

 

でぇきてしもたシミって、なかなか消えへんやんな。元に戻すには、どねんうな方法がやるさかいしょうわ。

 

シミに効果的なもんっていえば、ビタミンCや。ビタミンCには、メラニンの生成を抑制し、シミやねきかすを予防やるほか、皮膚の老化を防ぐコラーゲンをつくる働きがあるんや。美肌のためには、是非ってもってっておきよったい栄養成分やんな。

 

ビタミンCは1度に大量に摂取すんねんでぇはなく、こまめにちびっとずつ摂取やるこってがポイントや。ビタミンCは水溶性でぇ、摂取しても体の中に残りにくいのや。効果を持続すんのんなんぎさかい、1日に3回は分けてってるわうにしまひょ。ほな、ストレスを感じるって排出されやすいさかい、ストレスを感じやすい人は、ストレス発散を心がけて、ビタミンCを積極的にってるわうにしまひょ。