美肌とクレンジングとその方法

美肌になる為のクレンジング方法

美肌を作るための毎日のお手ぇ入れの中でぇ、最も大事なこっては洗顔ではおまへんでっしゃろか。どないなに品質のええ化粧水や美容液があってんも、お肌の汚れがきちんってってれておらんとその機能は十分に発揮されず、それどころか肌トラブルの原因にもなってしまいますわ。お肌の汚れをちゃんと落ってして、なおかつお肌を傷めへん、美肌になるためにはそないな洗顔が必要や。

 

お化粧をしとる人は、クレンジングが必要でんがな。軽い化粧やから・・ちゅう人も、絶対クレンジングは行ってほしいんやけど。日焼け止めを使っとる人も同様や。1本でぇクレンジングって洗顔がでぇきる、ちゅう洗顔料もあるんやが、お肌のためにはめんどいせやけど、クレンジングって洗顔料を分けて使うやうにしまひょ。その方が、お肌への負担も少なく、お化粧もちゃんと落ってすこってがでぇきまんねん。

 

クレンジング剤には、オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプやらなんやら、色々なタイプがあるんやな。お肌の負担を考えるって、クリームタイプや乳液状になってんもんがおすすめや。オイルクレンジングも良させやでぇが、オイルは予想以上にお肌に負担がかかるんや。ほな、拭き取りシートタイプのもんは、最も刺激が強いさかいなるべく避けるわうにしまひょ。

 

お肌に優しいクレンジング方法はどないいったもんでっしゃろ。

 

まず、クレンジング剤は多めに使うやうにしまひょ。少なすぎるって、お肌に摩擦が強くなり、いらん負担ってなんねん。クレンジングやる時は、優しくマッサージするでうに滑らせていきまんねん。お顔の皮膚は動かさあらへん程度に、なでぇるわうにマッサージしてみぃなな。順番は、お肌の負担をなるべく少なくやるために、皮膚が厚いおでぇこ、眉間、鼻のTゾーンよってに始めまんねん。次にほーべたまいどごに進み、しまいに皮膚が弱い部分、目ぇ元や口元をてーねーに落ってしていきまんねん。洗い流す時は、ぬるま湯を使いまひょ。熱いお湯を使うって、保湿成分ませやけど落ちてなおすさかい用心してみぃなな。

 

クレンジングにかける時間は、1分程度や。クレンジング剤を長くお肌につけとるって負担になってくるさかい、時間のかかりすぎにも用心しまひょな。

 

間違った洗顔方法

美肌になるためには毎日のお手ぇ入れが大切でんがな。その中せやけど大切なこってが洗顔でぇ、正しい方法でぇ洗顔やるこってが、美肌への近道でぇやるっていえまんねん。

 

晩は、お風呂に入る前にクレンジングをし、その後洗顔料を使ってちゃんと洗顔しとる人は多いって思うんやが、朝の洗顔はどないでっしゃろ?晩にきちんって洗顔しとるし、朝は水洗いだけぇ、ちゅう人は意外に多いさかいはあらへんやろか。これは、大きな間違いや。

 

晩、寝とる間、お肌は呼吸をしてんねん。朝起きよった時には、お肌には皮脂や老廃もんがたっぷり付おった状態になっていますわ。この汚れ、水洗いだけぇでぇはなかなか落ちまへん。ちゃんと汚れが落ちておらへんまんまでぇお化粧をし、外に出て紫外線を浴びるって、くすみやシミ、シワの原因になってしまいますわ。晩だけぇでぇなく、朝の洗顔も洗顔料を使ってちゃんと汚れを落ってしまひょ。お化粧ののりも、確かに違ってくるって思うでや。

 

洗顔やる時は、ひやこい水を使っていまへんか?これも大きな間違いや。ひやこい水でぇ洗顔やるって、お肌がきゅっって引き締まった感じがするわが、これは毛ぇ細血管が収縮してお肌が突っ張ってしまっとるだけぇや。

 

洗顔に使う水は、冷たくもなく、熱めせやけどなく、ぬるま湯がいっちゃんや。温度でぇいうって、30℃?34℃程度が適温やけど、乾燥肌の人はちびっとひやこい25℃程度、脂性肌の人は35度程度がええでっしゃろ。洗顔はお風呂やねんるさかい、体を洗うのって同じ温度のお湯を使っとる、ちゅう人も多いって思うんやが、めんどいせやけど、洗顔やる時はちびっと水を多めにして温度を下げたお湯を使いまひょな。