美肌と化粧水とコットン

化粧水はコットン?それとも手?

美肌を手ぇにいれるためには、毎日のお手ぇ入れは大切やんな。お手ぇ入れの基本でぇやる化粧水をつける時、皆はんはどねんうな方法でぇしてんねんか?カット綿を使う人って、手ぇでぇ直接つける人の2つに分かれるさかいはあらへんやろか。

 

「手ぇでぇつけるって不衛生」「カット綿は肌を刺激してなおす」「カット綿に化粧水がぎょうさん染みこんでぇなおすよってに、手ぇの方が経済的」・・・やらなんやらって、どちらも賛否両論でぇ、いったいどちらが肌にってってええの?って思っとる人は多いやんな。

 

実際のトコ、どちらせやけどええ、ちゅうのがその答えやって思うで。やさかいおのれの好みの方法でぇつければええのやが、どちらも「良さ」がちゃうさかい、その時の肌のコンディションや、気分にやって変えてもええやんな。

 

手ぇでぇつける場合、手ぇの温もりでぇ毛ぇ穴を開かせて、化粧水が浸透しやすくなんねん。ほな、手ぇの温もりでぇ化粧水が温まって、お肌に優しくなんねんやな。

 

たっぷりてーねーにつけたい時は、カット綿を使うこってをおすすめしまんねん。カット綿にたっぷり化粧水をしみ込ませて、下よってに上へ優しくなでぇるわうにつけていきまんねん。鼻の部分は眉間よってに下へ、鼻筋へってつけていきまひょ。パッティングやる時は、たたきすぎに用心してみぃなな。

 

乾燥しとる時は、化粧水をしみこませたカット綿を目ぇ元や口元やらなんやら、気になる部分に張っておぅてもえぇよ。手ぇ軽にでぇきるへーこいてプーよパックや。疲れとる時や、お肌に負担がかかってしもた時やらなんやら、是非試してみてほしいんやけどな。

 

コットンの使い方

美肌を保つためには、毎日のおうちでぇのお手ぇ入れがめっちゃ大切やんな。そないなお手ぇ入れのアイテムの1つに「カット綿」があるんやな。カット綿は、絶対に必要ちゅうわけでぇはおまへん。やけど保湿効果を高めたい時は、カット綿を使った方が効果的や。上手ぇなカット綿の使い方の方法を知っておきまひょ。

 

カット綿は2枚重なでぇ使いまひょ。ほってんどの人が1枚でぇ使っとるさかいはあらへんやろか。2枚重なにやるって、指のクッションになって肌への感触が優しくなんねん。ほな、表裏使って4面使えるこってになりまんがな。化粧水は、顔だけぇでぇなく、首や耳、腕やらなんやらにいっぺんにつけておくってええやんやな。4面使うって、1度にみなの部分につけるこってがでぇき、経済的ちゅうわけや。

 

化粧水をつける時は、内ねきのキャップに直接カット綿をつけへんやうにしまひょ。内ねきのキャップには、小さな穴が空おっていますわやな。ここには、たおってい化粧水の逆流防止機能が付おっていますわ。中の化粧水が汚れてなおすのを防ぐためやけど、カット綿を直接つけてなおすって、この機能が損なわれてなおす場合があるんや。普段何や気なくつけとるって思うんやが、ちびっと気をつけてみまひょ。

 

カット綿がはよぅ毛ぇ羽立って、繊維が肌につおってなおす・・っていっいかってはあらへんでっか?カット綿の質があかんのかしら?って考えがちやけど、これはカット綿の品質の問題やりも化粧水の量に関係してんねん。カット綿が毛ぇ羽立ってなおすって感じたら、化粧水の量を多めにしてみまひょ。毛ぇ羽立つ問題は解消されるって思うでや。美肌のためにも、多いかな、って感じるくらいにたっぷり使うこってをおすすめしまんねん。