美肌と化粧水

美肌を目指す化粧水の付け方

美肌を手ぇにいれるためには、毎日のお肌のお手ぇ入れが大切でんがな。洗顔後、最初にお肌につけるもんは化粧水や。化粧水は、お肌をみずみずしくさせるためにも、めっちゃ重要や。効果的な化粧水のつけ方の方法を考えてみまひょ。

 

まず、洗顔後ははよぅ化粧水をつけるこってを心がけまひょ。入浴後はリラックスしたい、小さなチビがおっておのれの事はなかなかでけへん・・・ちゅう人も多いかって思うんやが、やはり化粧水だけぇせやけど、はよぅつけておくこってをお勧めしまんねん。洗顔後、化粧水の肌への浸透率はどんどん少なくなっていきよるさかいに、でぇきるだけぇ早めにつけるわうにしまひょ。特に冬場やらなんやら、乾燥しやすい時期は気をつけてほしいんやけどな。

 

化粧水をつける量もポイントでっせ。もったいないよってに、やらなんやらって量を少なくやるって、お肌に十分に行き渡らんと、化粧水の効果が発揮でぇきまへん。多いかな、って感じるくらい、たっぷりつけるわうにしまひょ。目ぇ安ってしては、化粧水をつけた後、手ぇがお肌に吸い付く程度や。べたべたしとるってつけすぎやねんさかい、程やい量にしておきまひょな。

 

化粧水の大きな役割は水分補給やけど、中には毛ぇ穴を引き締める効果をうたっとる化粧水もあるんやな。たおっていの化粧水には、少なよってにず毛ぇ穴を引き締める「収れん作用」の成分が含まれていますわ。この作用を効果的にやるには、化粧水をつける時に軽くパッティングやるこってが大切や。パッティングをやるって、お肌を冷やす「クーリング効果」がやり、ほてりが抑えられて毛ぇ穴も閉まるんや。

 

たや、パッティングのしすぎもお肌にはようあらへんさかい、でぇきるだけぇ優しく、お肌を押さえるわうな感じでぇパッティングするでうにしまひょ。お顔のパッティングも終わったら、首や手ぇ、頭皮にもつけておきまひょ。細かな部分までぇへのお手ぇ入れが、若々しさを保つ秘訣でっせ。

 

スキンケアの順番

スキンケア化粧品には、化粧水や乳液やらなんやら、色々なもんがあるんややな。美肌になるためには、こないなスキンケア化粧品を上手ぇに使った日々のお手ぇ入れが大切や。「ぜええんぶひとつのこらずお肌につけるもんやから、どないな順番せやけど一緒かな」なんて思っていまへんか?スキンケアの順番を正しくしておかあらへんって、美肌になるどころか、肌荒れの原因にもなってしまいますわ。正しいスキンケア方法をちゃんとチェックしておきまひょ。

 

初めに行うこっては、洗顔でんがな。化粧をしとる時は、クレンジングを使用しててーねーにちゃんと落ってしまひょな。

 

汚れが落ちたら、化粧水をつけまひょ。洗顔の後、でぇきるだけぇはよ化粧水をつけてほしいんやけどな。化粧水は水分補給ってしての大切な役割を果たしとるさかい、たっぷりおしみなくつけるわうにしておくなはれ。

 

水分補給が終わったら、保湿効果のやる美容液をつけまんねん。化粧水でぇ補給した水分をお肌よってに逃がさあらへんうに、忘れんとつけまひょ。

 

乾燥が気になる場合は、乳液をここでぇつけまんねん。やけど、乳液は絶対に必要ちゅうわけでぇはおまへん。若い人や、オイリー肌の人は、乳液の油分でぇ逆にお肌のトラブルになる場合がやるさかい気をつけてほしいんやけどな。乾燥肌の人も、乳液は乾燥しやすい場所に、ポイントでぇ使用やる方がええでっしゃろ。

 

しまいはクリームや。乳液って同じやうに、油分の補給になりまんがな。乾燥肌の人や、中高年以上の人は乾燥しとる部分を中心にちゃんとってつけておきまひょな。