豊胸手術の体験談

豊胸手術の体験談

豊胸手術をして「良かった」ちゅう人って、「悪かった」ちゅう人の体験談を紹介しまんねん。

 

まず、バッグ法でぇ豊胸手術をして、満足の結果が得られた人の意見や。この人は、出産って授乳にやって、崩れてしもたバストに悩んでぇおったんや。ほんで、豊胸術のカウンセリングを受け、ほんで実際にバッグを触ってみて、めっちゃ感触がええシリコンジェルバッグを挿入やる手術を受けやうって決意してん。手術が終わり、若々しく張りのやるバストをもっかい手ぇにぶちこむこってがでぇき、めっちゃ感激したでうや。ほな、体だけぇでぇなく気持ちませやけど若返るこってがでぇき、オシャレにも興味を持つやうになり、毎日が楽しくなってんやうや。

 

次は、脂肪注入法にやる豊胸手術を受けて良かった、ちゅう感想や。はじめは、ほんまにおのれの理想通りになるのか、ちゅう半信半疑の気持ちでぇ、手術を受けたやうや。せやけど手術が終わって、スリムになってんおのれの身体を見て、めっちゃ驚おったやうや。ほな、痛みもまるっきしなく、しやろな傷跡が分からんこってにもビックリしたせやでぇ。気になっとった部分の脂肪がなくなり、その分バストが大きくなってんさかい、それまでぇの悩みが一瞬のうちに解消したおいよ。

 

豊胸手術を受けて「悪かった」ちゅう感想もあるんや。コヒ?シブシリコンを挿入した人の意見やけど、仕上がりの形は満足したもんの、感触の悪さが理想っては違ったやうや。カウンセリングでぇは、徐々に柔らかくなるってゆわれてんせやでぇが、仰向け状態のバストの固さに悩んでぇおるやうや。

 

しまいは、脂肪注入法を受けて困っとる人の感想や。豊胸手術を受けてよってに約2年経っとる人やけど、バストに注入した脂肪が固まっとるやうな感じがやるおいよ。ほな、手ぇを上に挙げるって、バストの形が不自然に見えるこってが不満ねんうや。

 

豊胸材料の移り変わり

約10年前までぇは、豊胸術でぇ使用される材料は、流動性のシリコンが入ったシリコンバッグが、世界でぇ使用されておったんや。せやけどその後、体内にシリコンが漏れ出て健康面にあかん影響を与えるちゅうこっちゃを指摘され、使用を一時ヤメちゅう状態になったんや。

 

ほんで、シリコンバッグに代わるもんってして、生理的食塩水の入ったバッグが使用されるわうになったんや。これは、内容もんが漏れたってしても副作用が軽い、ちゅう安全面を重視して開発されたんや。トコロが、触り心地や見た目ぇの形状がちびっと不自然やったり、中の生理的食塩水が漏れやすかったりやるこってが、問題になっておったんや。

 

ほんで、やり自然な感触のもんにしよって、サラの材料でぇつくられたハイドロジェルが開発されたんや。せやけど、欧米でぇは、安全面に問題がやるちゅうこっちゃでぇ、このハイドロジェルは禁止になっとるやうや。ほな、生理的食塩水のバッグって比較やるって、切開の傷口が多少おっきーやうや。

 

せやけど、生理食塩水バッグもハイドロジェルバッグも、なんでもシリコンの感触の良さには負けてしまい、やはりシリコンを使用したい、ちゅう意見が多数やったやうや。ほんで、その願いを叶えるためにコヒーシブシリコンバッグが開発されたんや。このコヒーシブシリコンバッグは、組織にえらい浸透しにくいさかい、体に漏れ出て浸透してなおす心配がおまへん。今んところ、もっとも人気がやり、コヒーシブシリコンバッグを希望やる人がめっちゃ急増しとるやうや。