マッサージでバストアップ

バストアップツボのマッサージ

豊胸やバスアップを望んでぇおるのやったら、豊胸効果のやるツボをマッサージすんねんもお勧めの方法や。

 

まず、「渕腋(えんえき)」ちゅうツボを刺激してみまひょ。わきの下にやる「渕腋」ちゅうツボは、乳頭よってにわきへ向かって約10cmのトコに位置しまんねん。たおっていここを押すって、痛みを強く感じるわうや。「渕腋」を刺激やるこってでぇ、姿勢を正しく保ち背筋をピンって伸ばしまんねん。ほな、このツボを刺激やるこっては、血行促進にも効果的や。それが、効率ようバストへも刺激し、バストアップにもええ効果が現れるさかいしょうわ。たや、ツボを刺激したりマッサージしたりやる際は、力をかけすぎあらへんうに用心しておくなはれ。

 

「やん中」ちゅうツボをマッサージやるって、女の人ホルモンの分泌に影響を与え、バストアップに効果的やって言われていますわ。「やん中」ちゅうツボの場所は、左右の乳首を結んでぇその中心にやたる胸骨の部分にあるんや。乳首の位置は人それぞれやさかい、押さえてみるってちびっと痛いって感じる部分がちょうどそのツボになりまんがな。ツボの位置が確認でぇきよったら、左右両方の人差し指って中指を重なるわうにして刺激しておくなはれ。ほんで、上半身を前かがみにして、そのまんまの状態でぇぼちぼち息を吐おって、吐ききったら戻ってほしいんやけど。こないな動作を何や回か繰り返すこってでぇ、バストアップ効果が出てくるっていわれていますわ。

 

豊胸マッサージって同じやうに、効果的なツボを刺激やるこってでぇ、きれいな形でぇ豊かなバストを維持やるこってがでぇきるわうや。

 

バストアップとビタミン

豊胸を考えとるさかいやれば、食生活にも気をつけるこってが大切になりまんがな。

 

例あげたろか,たとえばやなあ、ビタミンB1は豊胸効果のやる食品やちゅうこっちゃを知っていますわか?ビタミンB1は、血行を促進やる働きがやるさかい、バストを発育させるこってにもつながるっていわれていますわ。ビタミンB1っては、めしやパンねんうな主食、それか糖質を分解やるこってを助け、それをエネルギーに変える働きをしてんねん。ビタミンB1がようけ含まれとる食品は、動もん性の食品でぇは、うなぎや豚肉やらなんやらでぇ、植もん性の食品でぇは、大お豆さん食品、ごま、栗、青海苔やらなんやらや。

 

積極的にこれらの食品を摂取やるって、身体全体の血行を促し、バストへ充分な栄養素が行き渡り、豊胸につながるちゅうこっちゃや。でっから、豊胸のためには、食生活の中でぇビタミンB1をぎょうさん摂りぶちこむってええでっしゃろ。

 

ビタミンB2は、脂肪を燃焼させる働きのやる栄養素や。さらに、粘膜や皮膚を健康に保ち、細胞再生の手ぇ助けをしてくれるさかい、バスト育成に効果がやるちうワケや。ビタミンB2をようけ含む食品は、動もん性食品でぇは、うなぎ、卵、レバー、牛乳やらなんやらでぇ、植もん性食品でぇは、ほうれん草や人参やらなんやらの野菜、わかめ、海苔、ひじきやらなんやらの海藻や。これらの食品を、積極的に料理に取りぶちこむってええでっしゃろ。

 

ほな、ビタミンB2が欠けるって、脂肪の代謝がうまくいかず、豊胸を望んでぇおる人にってっては大きな打撃になりまんがな。そのため、脂肪の多い料理を食うってきには、多めのビタミンB2を摂取やるこってを心がけまひょ。