アンチエイジングの基本

アンチエイジングで基本的な事

アンチエイジングにってっての基本的なこって、そら栄養素を身体の隅々にまでぇいきわたらせる事やって思うで。どないなにキレイに着飾ったってしても身体そのもんが不健康やってやんか若さはさらさら感じられへんって思うで。

 

ほな身体のどの部分が老化し、気になるトコやさかいしょうか?肌にシワがでぇてきよったら?たるみが感じられたら?白髪が出てきよったら?歯が弱くなってきよったら?

 

老化現象て実に様々やるもんやって思うし、その一つ一つを解消していくためにアンチエイジング用の化粧品やったりサプリメントやったりを使っとったら手ぇ間もかかる上にクレジットもむっちゃかかってくるって思うで。

 

でぇは、老化を予防やるためのアンチエイジングをやるためにはどないいうこってをすればええさかいしょうか?いっちゃんええんは、血液の老化を予防やる事がいっちゃんやって言われていますわ。血液が老化しえなおすって、循環が悪くなるために肩や腰やらなんやらのコリも悪化し、痛みやむくみ、しびれやらなんやらの症状が出てきまんねん。ほな肌や髪の毛ぇやらなんやらの老化現象も現れてくるこってになりまんがな。

 

ほな、血液の老化を防ぐための血液循環をようやるためには以下の方法を実行やる必要があるんや。

 

.腎臓を温めまんねん。(身体を冷やさあらへんうにやる。)
2.温かい飲みもん、食べもんを摂取するでうにやる。
3.食べもんよってにカルシウムを摂取するでうにやる。(サプリメントに頼らん)
4.オイルマッサージやらなんやらをやる。
5.爪をマッサージして自律神経のバランスやらなんやらを整えるちうわけや。

 

心がけ一つでアンチエイジングをしよう!

アンチエイジングってゆったら、運動をしたり専用の化粧品を使ったりエステに行ったりちゅうイメージがやるって思うんやが、言葉よってにも実行やる事がでぇきるって知っておったんや?毎日知らず知らずのうちに使っとる言葉や、心でぇ思っとるこってがおれら自身を作っとるのや。

 

ほんで、言葉の癖に焦点を置おって考えて見まひょ。「わいはもう年やから・・・」ってか、「今の若い人は・・・」ってかこういう言葉を使うこってはあきまへんわ!おのれが年を取っとるんそやかて言い聞かせとるやうやんな。それやって外見的にも年を取ってしまいますわ。今なりたい年齢っていうんは何や歳でっしゃろか?もし25歳になりたいのやったら、心の中でぇ「わいは25歳!」って心に念じてみてほしいんやけど。

 

このこって一つめっちゃごっついこってでぇ、おのれでぇおのれを洗脳してなおすちゅう訳や。こう思うこってにやって外見も言葉遣いも自然ってその年齢になってきてなおすのや。言葉や心の力ってめっちゃおっきーもんなんでやねんすやな。これが心がけ一つでぇアンチエイジングしとるちゅう事になりまんがな。

 

「病も気よってに」ってかいう言葉もあるやんうに、心がけ一つでぇ病気にもなるちゅうこっちゃやんな。リハべったをしとる人がお医者はんに「散歩するっちゅうときは、ジャージでぇはなくちびっとでぇええよってにはいからしてみぃな」ってゆわれてんおいよ。はいからやるって気持ちも明るくなんねんやな。でっから「若さも気よってに」って思って言葉一つ用心して使うやうにしてみまひょ。前向きな姿勢でぇアンチエイジングに取り込んでぇいってほしいんやけどな。